プセウデランテムム・ビコロル

Pseuderanthemum bicolor

Pseuderanthemum bicolor

マレーシアからフィリピンが原産です。高さは1メートルほどになり、光沢のある卵形の葉が対生します。周年、長い筒部と先端が5裂して平開する花を咲かせます。花冠は白色の地に赤紫色の斑があります。詳細な情報は見あたりません。 
キツネノマゴ科プセウデランテムム属の常緑小低木で、学名は Pseuderanthemum bicolor(syn. Eranthemum bicolor)。英名は Bicolor false eranthemum、Shooting star。 
 
愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp