フリーセア・コルコウァデンシス

Vriesea corcovadensis

Vriesea corcovadensis

ブラジルが原産です。「チランドシア」に似たかたちで、長い匍匐枝をだして子株をつけ、繁殖します。葉は淡緑色で、下部では赤色の斑が入ります。40〜50センチほどの長い花序をだし、赤色の苞に包まれたクリーム色の花を咲かせます。 
パイナップル科インコアナナス属の常緑多年草で、学名は Vriesea corcovadensis。英名はありません。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp