カルセオラリア (巾着草)

Calceolaria x herbeohybrida

Calceolaria x herbeohybrida

中央アメリカから南アメリカにかけてが原産です。原種は小低木または多年草ですが、現在出回っているのは改良種です。これは寒さや高温多湿に弱く、わが国では一年草として扱われています。葉は卵形で、根生および枝に対生します。花弁は2個で、下部の弁が大きく巾着のようなかたちをしています。和名では「きんちゃくそう(巾着草)」と呼ばれます。 
ゴマノハグサ科キンチャクソウ属の、学名は Calceolaria x herbeohybrida。英名は Pocketbook plant、Slipper flower、Pouch flower。 
 
静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、2004年02月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp