カンパニュラ・オリンピカ

Campanula olympica

Campanula olympica

Campanula olympica

Campanula olympica

西アジアのコーカサス地方に分布しています。標高1500〜2700メートルの草地や林内に生え、高さは20〜50センチになります。葉は楕円形から倒卵形でロゼット状につきます。縁には鈍鋸歯があります。夏に花茎を伸ばして総状花序をつけ、青紫色の筒状花を咲かせます。 
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula olympica (syn. Campanula hemschinica)。英名はありません。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp