カンツア・ブクシフォリア

Cantua buxifolia

Cantua buxifolia

ペルーからボリビア、チリの北部に分布しています。アンデス山脈の3000メートル以上の山地に生え、高さは1.8〜3メートルほどになります。幹は直立し、枝は弓なりになります。葉は小さな卵形で、灰緑色をしています。晩春に、長い釣鐘状で赤色や橙赤色の花を咲かせます。ボリビアの国花で「カントゥータ(Cantuta)」と呼ばれています。 
ハナシノブ科カンツア属の常緑低木で、学名は Cantua buxifolia。英名は Magic flower、Sacred flower of the Incas。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp