カプシクム・キネンセ [Index] [Back]

Capsicum chinense

唐辛子の一種で、中央アメリカからユカタン半島、それ西インド諸島が原産です。カプシクム・キネンセの中では、その見かけや性質は非常に変化があります。その種類は、ユニークな風味と並外れた辛さでよく知られています。これは世界で一番辛い唐辛子群です。この代表的な品種には、ハバネロやブートジョロキア、キャロライナリーパーなどがあります。 
ナス科トウガラシ属の多年草で、学名は Capsicum chinense。英名は Bonnet pepper。 
Bonnet pepper (Capsicum chinense) belongs to the Solanaceae (the Eggplant family). It is a perennial herb that is a species of chili pepper native to Central America, the Yucatan region, and the Caribbean islands. Within Capsicum chinense, the appearance and characteristics of the plants can vary greatly. Its varieties are well known for their unique flavors and many have exceptional heat. It is the hottest peppers in the world. Typical varieties include Habanero, Bhut jolokia, Carolina reaper and so on. 
イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、2011年08月24日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp