カトレア・フォルベシー

Cattleya forbesii

Cattleya forbesii

ブラジル南東部の海岸沿いに分布しています。海岸近くでは低木や岸壁に着生し、やや内陸に入ったところでは湿地に生える樹木に着生します。小型種で、細くて長い偽鱗茎に狭披針形の葉を2個つけます。春から夏にかけて、直径7センチほどのピンクから淡い緑白色の花を咲かせます。唇弁は白く、内側の咽は黄色です。 
ラン科カトレヤ属の常緑多年草で、学名は Cattleya forbesii。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年08月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp