ケンタウレア・デアルバータ

Centaurea dealbata

Centaurea dealbata

コーカサス地方が原産です。高さは45〜60センチほどになります。葉は羽状に深裂し、表面は白粉を帯びます。5月から7月ごろ、茎の先に赤紫色またはピンク色の花を咲かせます。 
キク科ヤグルマギク属の多年草で、学名は Centaurea dealbata。英名は Persian cornflower、Whitewash cornflower。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp