キルホペタルム・ルイスサンダー

Cirrhopetalum cv. Louis Sander

Cirrhopetalum cv. Louis Sander

東南アジアに分布するロンギッシムム種(Cirrhopetalum longissimum)とオルナティシムム種(Cirrhopetalum ornatissimum)との種間交雑種です。長い花茎の先に散形花序をつけ、鳥のくちばし状の花を並んで咲かせます。ピンク色のパジャマを着た「ウサギ」の姿に見えて仕方ありません。 
ラン科シコウラン属の常緑多年草で、学名は Cirrhopetalum x Louis Sander。英名はありません。 
 
愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp