クレロデンドルム・スカンデンス

Clerodendrum scandens

Clerodendrum scandens

Clerodendrum scandens

南アフリカが原産です。「べにばなくさぎ(Clerodendrum splendens)」に似ていますが、花は白色で赤いのどがあります。7月から8月ごろ、散形花序に花を咲かせます。果実は「くさぎ」にそっくりで、ピンクの萼が長く残ります。詳細な情報は少ないようです。 
クマツヅラ科クサギ属の常緑蔓性低木で、学名は Clerodendrum scandens(syn. Clerodendrum umbellatum)。英名は Umbel clerodendrum。 
 
愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年12月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp