クレイストカクツス・スマラグディフロルス

Cleistocactus smaragdiflorus

Cleistocactus smaragdiflorus

ボリビアからアルゼンチン、パラグアイに分布しています。細い柱サボテンで、高さは2メートルほどになり、12〜16個の稜があります。基部からよく分枝して、直立します。茎の表面は中心にある4〜6個の棘と放射状に取り囲む棘に被われています。花は濃ピンク色と緑色の筒状花です。 
サボテン科クレイストカクツス属の柱サボテンで、学名は Cleistocactus smaragdiflorus。英名はありません。 
 
アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp