コレア・リフレクサ

Correa reflexa

Correa reflexa

オーストラリアの東部から南部に広く分布しています。明るい森や荒れ地などに生え、高さは1メートルほどになります。葉は卵形で、表面は短毛に被われ、はっきりした油腺があります。冬から早春にかけて、長さ4センチほどのベル形の花を咲かせます。花冠の色は淡緑色から赤色、赤色に黄色い先端部など、さまざまな変化があります。19世紀の初めにはヨーロッパに渡り、多くの園芸品種が作出されました。属名は、ポルトガルの植物学者コレア・ダ・セラ(Jose Francisco Correa de Serra)に因みます。 
ミカン科コレア属の常緑低木で、学名は Correa reflexa。英名は Common correa、Native fuschia。 
 
オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、2006年01月21日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp