クリーピングタイム (洋種伊吹麝香草)

Thymus serpyllum cv. Annie Hall

Thymus serpyllum cv. Annie Hall

Thymus serpyllum cv. Annie Hall

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

Thymus serpyllum

ユーラシアとアフリカ北部が原産です。乾燥した砂礫地や草原などに生え、高さは10〜30センチになります。地面を這って広がります。7月から8月ごろ、淡いピンク色や白色の小さな唇形花を咲かせます。殺菌作用や消化促進などに優れた効果があり、風邪をひいたときのハーブティーに使用されます。別名で「ようしゅいぶきじゃこうそう(洋種伊吹麝香草)」とも呼ばれます。写真上・中1〜2は、園芸品種の「アニーホール(cv. Annie Hall)」。 
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、学名は Thymus serpyllum。英名は Creeping thyme、Wild thyme。 
Creeping thyme (Thymus serpyllum) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen sub-shrub that is native to Eurasian Continent and northern Africa. This shrub grows in arid screes or grasslands and can reach 10-30 cm in height. The stems are sprawling. The pale pink to white labiate flowers come in July and August. This herb has antiseptic property and relieve dyspepsia. The dried leaves are used for a herbal tea. The 1st to 3rd photos are a cultivar 'Annie Hall'. 
[上・中1〜2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。
[中3] 長野県茅野市北山「オーベルジュ・ドゥ・シェ・マリー」にて、2002年07月21日撮影。
[中4〜中6] 茨城県稲敷市光葉にて、2011年06月20日撮影。
[中7〜9・下] ノルウェー・ソグン・オ・フィヨーラネ県フロムにて、2018年07月01日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp