クリヌム・ヤグス

Crinum jagus

Crinum jagus

Crinum jagus

Crinum jagus

熱帯アフリカが原産です。高さは60〜90センチになります。葉は紐状で緑色、茂みを形成します。夏、チューリップに似た白色の花を、葉のない茎の上に咲かせます。いくつかの花は芳香があり、他はほとんど香りがありません。 
ユリ科ハマオモト属の常緑多年草で、学名は Crinum jagus。英名は St. Christopher lily。 
St. Christopher lily (Crinum jagus) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to tropical Africa. This herb grows up to a 60-90 cm tall. The leaves are strap-shaped, green, and form a clump. Tulip-like white flowers bloom in clusters in summer atop leafless stalks. Some flowers are fragrant, but other have little aroma. 
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年07月06日撮影。
[下] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp