クリヌム・ペドゥンクラーツム

Crinum pedunculatum

Crinum pedunculatum

Crinum pedunculatum

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州に分布しています。海岸地帯の湿地や河岸などに生え、高さは1.5メートルほどになります。太い偽茎から数多くの広線形の葉をだします。上部の葉は直立し、下部のそれは広がります。夏に長い花茎を伸ばし、大きな散形花序をつけます。ひとつの花序には10〜40個の白い花を咲かせます。花糸はピンク色から赤色、紫色をしています。わが国に自生する「はまおもと」の近縁です。 
ユリ科ハマオモト属の常緑多年草で、学名は Crinum pedunculatum。英名は Swamp lily、River lily。 
 
オーストラリア・シドニー市「ダーリンハーバー」にて、2006年11月12日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp