クフェア

Cuphea sp.

Cuphea sp.

Cuphea cv. Keith White

Cuphea cv. Strybing Sunset

Cuphea cv. Strybing Sunset

クフェア属は、アメリカ南部から中央アメリカ、南アメリカ北部に260種ほどが分布しています。葉は卵形から線形で、対生あるいは輪生します。茎の先端や葉腋から総状花序をだすか単生し、筒状花を咲かせます。
写真中2の品種は「キースホワイト(cv. Keith White)」。写真中3・下は、カリフォルニア州のストライビンク植物園(Strybing Arboretum)で選抜された園芸品種で、「ストライビングサンセット(cv. Strybin Sunset)」。花冠の先端が濃褐色でコウモリの耳のように反り返るのが特徴です。 
ミソハギ科クフェア属の常緑多年草または常緑小低木で、学名は Cuphea sp.(属の総称)。英名は Cuphea、Cigar plant。 
The Cuphea is a genus of about 260 species of perennial herbs or shrubs and belongs to Lythraceae (the Loosestrife family). It is distributed from the southern United Sates to Central America and northern South America. The leaves are ovate to linear, opposite or whorled. The tubular flowers are borne in stem apices or axiles. The 3rd photo is a cultivar 'Keith White'. The below 2 photos are a cultivar 'Strybing Sunset' that is selected at the Strybing Arboretum in California. 
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 同上にて、2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp