クルクマ・グラキリマ

Curcuma gracillima

Curcuma gracillima

タイが原産です。高さは45〜60センチほどになり、根茎から「ばしょう(芭蕉)」に似た葉を伸ばします。夏から秋にかけて、短い円柱状の花序に淡い紫色の花を咲かせます。淡い緑白色の苞葉に、赤褐色の縞模様が入るのが特徴です。いろんなタイプの園芸品種も作出されています。 
ショウガ科ウコン属の多年草で、学名は Curcuma gracillima。英名は Burnt burgundy ginger。 
 
静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp