キアテア・スミティイ

Cyathea smithii

Cyathea smithii

ニュージーランドの固有種です。北島では冷涼で湿り気のある山地帯に分布し、南島やスチュアート島では低地にも生えています。幹は褐色で、高さは6メートルにもなります。下部には、ひげ状の支柱根があります。葉状体は長くて淡い緑色をしています。他の植物の成長を抑制するために、根から阻害物質をだします。マオリの人々は、この幹を蒸し焼きにして、髄の部分を食用にしたそうです。 
ヘゴ科ヘゴ属の常緑シダ類で、学名は Cyathea smithii。英名は Soft tree fern。 
 
ニュージーランド・ウェストコースト地方ハースト町区にて、2003年12月30日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp