キフォステンマ・エレファントプス

Cyphostemma elephantopus

Cyphostemma elephantopus

マダガスカル島の南部に分布しています。高さは1.5メートルほどですが、茎の下部が象の足のように肥大するのが特徴です。これはコーデックス(Caudex)状の茎と呼ばれ、下には丈夫な根があります。蔓性で、葉は多肉質です。 
ブドウ科キフォステンマ属の落葉蔓性低木で、学名は Cyphostemma elephantopus。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp