キペルス・リグラリス [Index] [Back]

Cyperus ligularis

Cyperus ligularis

西・中央アフリカ、インド洋諸島、南・中央アメリカそれにアメリカの南東部に分布しています。海岸や汽水湿地、マングローブ湿地、それに荒れ地などに生え、高さは130センチほどになります。葉は線形で断面はV字、それに青がかった緑色です。花は9月から11月に咲きます。花序はイグサ形花序 (偽散形花序)で、5〜12個の花穂がつきます。花穂は、卵形からほとんど円筒形で、濃い赤茶色、多くの小穂がきつく固まります。 
カヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草で、学名は Cyperus ligularis。英名は Alabama swamp flatsedge。 
Alabama swamp flatsedge (Cyperus ligularis) belongs to the Cyperaceae (the Sedge family). It is a perennial herb that is distributed to West and Central Africa, the Indian Ocean Islands and in South and Central America and the south-eastern United States. This herb grows in beaches, brackish marshes, mangrove swamps and disturbed soils and up to a height of 130 cm. The leaves are linear, v-shaped and glaucous. The flowers bloom in September to November. The inflorescence is an anthela (pseudo-umbel) with 5-12 rays of spikes. The spikes are ovate to nearly cylindrical, dark reddish brown, with many, tightly packed spikelets. 
アメリカ・フロリダ州「ディン・ダーリン国立野生生物保護区」にて、2011年09月27日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp