ガーデンハックルベリー (アフリカ犬酸漿) [Index] [Back]

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

Solanum scabrum

おそらくはアフリカが原産だと考えられてますが、その起源はよくわかっていません。現在、多くの国に帰化しています。アフリカでは葉菜として、または果実を染色用として栽培されています。高さは1メートルほどになります。葉はふつう卵形で、葉柄は1.5〜7センチあります。花序は集散花序で、9〜12個の花がつきます。白い花冠は星形で、直径15〜20ミリ、ときに紫色を帯びます。雄しべの葯は、黄色の「いぬほおずき」と異なり褐色か紫色です。液果は球形で、直径10〜17ミリ、紫黒色に熟します。食用にできるのは完熟した果実だけで、未熟な果実や茎葉、萼の部分などにはソラニンが含まれ有毒です。果実には甘味はなく、独特の臭みがあり、生食には向かないので、ジャムなどに利用されます。標準和名はまだないようなので、暫定的に「アフリカいぬほおずき(アフリカ犬酸漿)」。 
ナス科ナス属の一年草または短命の多年草で、学名は Solanum scabrum (syn. Solanum nigrum var. guineense)。英名は Garden huckleberry。 
The Garden huckleberry (Solanum scabrum) belongs to Solanaceae (the Nightshade family). It is an an annual or short-lived perennial herb that is probably native to Africa, but its origin is not well understood. Nowadays, it is naturalized in many countries. In Africa it is cultivated as a leaf vegetable and for dye from the berries. This herb grows up about 1 m in height. The leaves are usually ovate, with petioles 1.5-7 cm long. The inflorescence is cymes with 9-12 flowers. The white corolla is stellate, 15-20 mm across, and sometimes tinged purple. The anthers of the stamens are brown or purple, unlike the yellow "Black nightshade" (Solanum nigrum). The berries are globular, 10-17 mm across, and ripen purple-black. Only ripe fruits can be eaten, and immature fruits, foliage, and calyxes contain solanin and are toxic. Fruits have no sweetness, have a unique odor, and are not suitable for raw food, so they are used for jams. 
[上・中1〜4] 宮城県川崎町支倉にて、2021年08月22日撮影。
[中5〜中7] 同上にて、2021年09月26日撮影。
[中8〜9・下] 同上にて、2021年10月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp