ガステリア・ミニマ (子宝)

Gasteria gracilis var. minima

Gasteria gracilis var. minima

南アフリカの東南部、ナタール地方に分布するグラキリス種の小型変種です。茎は短く、厚くて硬い多肉質の葉がロゼット状につきます。濃緑色の葉には白い斑紋があります。園芸上は「こだから(子宝)」とか「こだからにしき(子宝錦)」呼ばれます。 
ユリ科ガステリア属の常緑多年草で、学名は Gasteria gracilis var. minima。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp