ゲウム・レプタンス

Geum reptans

Geum reptans

ヨーロッパのアルプスからバルカン半島、カルパチア山脈に分布しています。高山の砂礫地やモレーン(氷堆石)地帯に生え、高さは10〜15センチになります。根生葉は羽状で鋸歯があり、赤味を帯びたランナーを伸ばして広がります。7月から8月ごろ、鮮やかな黄色い花を咲かせます。 
バラ科ダイコンソウ属の多年草で、学名は Geum reptans。英名は Creeping avens、Alpine avens。 
 
スイス・マイリンゲン「ハスリベルク高原」にて、2002年07月15日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp