ぎんおうぎょく (銀翁玉)

Neoporteria nidus

Neoporteria nidus

Neoporteria nidus

南アメリカのチリ北部、第4州にあるチョアパ川(Rio Choapa)流域に分布しています。球形から短い円筒形で、直径8センチ、高さは18センチほどになります。13〜21個の稜があり、金色から白色の棘が生えています。春に直径1〜3センチの鮮やかな赤色の花を咲かせます。 
サボテン科ネオポルテリア属の球形サボテンで、学名は Neoporteria nidus(syn. Eriosyce senilis)。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年11月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp