グレイガム

Eucalyptus propinqua

Eucalyptus propinqua

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州に分布しています。海岸沿いの林内に生え、高さは40メートルほどになります。樹皮は灰色から灰褐色で平滑、薄い板状に剥離します。葉は披針形で、光沢のある濃緑色です。葉腋から散形花序をだし、7〜11個の白い花を咲かせます。コアラが食べる「ユーカリ」の一種です。 
フトモモ科ユーカリ属の常緑高木で、学名は Eucalyptus propinqua。英名は Gray gum、Small-fruited gray gum。 
 
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州「カンバーランド州有林」にて、2006年05月27日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp