ぎゅうしんり (牛心梨)

Annona reticulata

Annona reticulata

Annona reticulata

カリブ海地方が原産です。熱帯果実で、現在では熱帯の各地に広がっています。高さは6〜10メートルほどになり、葉は小さな長楕円形です。果実は心臓形で、生食や果実酒、飲料などに利用されます。味は「ばんれいし(番茘枝)」に劣るため、他のバンレイシ属の台木として利用されることが多いそうです。 
バンレイシ科バンレイシ属の常緑低木で、学名は Annona reticulata。英名は Custard apple、Bullock's heart。 
 
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年03月03日撮影。
[下] 愛知県名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、2005年02月26日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp