かんがれい (寒枯藺)

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

Scirpus triangulatus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国それにインドネシア、インドに分布しています。湿地や沼沢地に生え、高さは1メートル以上になります。茎は3稜形で、水中の根から放射状にでます。8月から10月ごろ、淡緑色から淡褐色で長楕円形の小穂を、4〜10個横向きにつけます。名前は、 枯れた茎が冬になっても残っていることから。 
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、学名は Scirpus triangulatus。英名はありません。 
"Kangare-i" (Scirpus triangulatus) belongs to Cyperaceae (the Sedge family). It is a perennial herb that ia native all over Japan, as well as the Korean Peninsula, China, Indonesia and India. This herb grows in bogs and marshes, and can reach up to 1 m in height. The stems are triquetrous and borne radially on the aquatic rootstocks. The spikelets are pale green to pale brown, oblong, and 4-10 spikelets are borne sideways from August to October. The dead stems remain through winter. 
[上・中1〜2] 茨城県神栖市土合北にて、2009年09月10日撮影。
[中3〜中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年06月21日撮影。
[中6] 同上にて、2004年07月17日撮影。
[下] 同上にて、2006年07月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp