カヒリジンジャー [Index] [Back]

Hedychium gardnerianum

インド亜大陸が原産です。アフリカ南部やオーストラリア、ニュージーランド、カリブ海諸島それにハワイに帰化しています。低木林地や雨林、林縁などに生え、高さは2.5メートルほどになります葉は披針形から狭楕円形で、互生します。花は直立した茎の先の大きな花序につきます。花はほとんど明るい黄色で、大きな鮮赤色の雄しべが1個つきます。果実は刮ハで、成熟するとはじけ、鮮やかなオレンジ色の内面と、鮮赤色の種子が現れます。「カヒリ」はハワイ語で、一端に羽毛の羽毛の房が飾られており、ハワイでは儀式用の紋章として使用されています。 
ショウガ科シュクシャ属の常緑多年草で、学名は Hedychium gardnerianum。英名は Kahili ginger、Kahila garland-lily。 
Kahili ginger (Hedychium gardnerianum) belongs to the Zingerberaceae (the Ginger family). It is an evergreen perennial herb that is native to he Indian sub-continent. It is also naturalized in southern Africa, Australia, New Zealand, the Caribbean and Hawaii. This herb grows in bushland, rainforests, forest margins, etc., and up to 2.5 m tall. The leaves are lanceolate to narrowly elliptic, and alternately arranged. The flowers are borne large clusters at the tips of the upright stems. They are mostly bright yellow with a single large bright red stamen. The fruits are capsules, split open when mature to reveal bright orange inner surfaces and bright red seeds. "Kahili" is Hawaiian, a long pole decorated at one end with a cluster of feather plumes and used as a ceremonial emblem in Hawaii. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp