かもじぐさ (髢草)

Agropyron tsukushiense var. transiens

Agropyron tsukushiense var. transiens

わが国の各地をはじめ朝鮮半島、中国に分布しています。道端や空き地などにふつうに生え、高さは50〜100センチになります。葉は線形で、5月から7月ごろ、20〜30センチの花穂を形成します。花穂の先端は垂れ下がり、紫色を帯びた緑白色をしています。花からは黒っぽい頴が伸びます。名前は、むかし子どもたちがこの花穂で結髪に使う「かもじ(添え毛)」を作って遊んだことから。 
イネ科カモジグサ属の多年草で、学名は Agropyron tsukushiense var. transiens。英名はありません。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年05月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp