かんざんちく (寒山竹)

Pleioblastus hindsii

Pleioblastus hindsii

Pleioblastus hindsii

Pleioblastus hindsii

Pleioblastus hindsii

中国の南部が原産です。わが国でも、関西地方以西で広く植栽されています。また一部では野生化しているところもあります。ササ類の中では最も大きく、桿の高さは3〜6メートルになります。枝は斜上して、葉は細長く先端が尖ります。タケノコは5〜8月にでて、食用にされます。 
イネ科メダケ属の常緑ササ類で、学名は Pleioblastus hindsii。英名はありません。 
 
[上・中1〜2] 愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中3・下] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp