きだちまおう (木立麻黄)

Ephedra equisetina

Ephedra equisetina

中国の北部やモンゴルに分布しています。乾燥した高地の砂礫地などに生え、高さは1〜1.5メートルほどになります。雌雄異株です。茎の節には、退化した小さな鱗片状の葉がつきます。春に黄色い花を咲かせますが、雌株では秋に小さな赤い果実がなります。この果実は甘く、食用になるそうです。 
マオウ科マオウ属の常緑小低木で、学名は Ephedra equisetina。英名は Muzei ma huang。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp