きめんかく (鬼面角)

Cereus peruvianus

Cereus peruvianus

Cereus peruvianus

Cereus peruvianus

Cereus peruvianus

Cereus peruvianus

南アメリカのブラジルからウルグアイに分布しています。柱サボテンで、太さが10〜20センチ、高さは10メートルにもなります。花は大きく白色で、7月から9月ごろ、暑い夜にだけ咲きます。 
サボテン科ケレウス属の柱サボテンで、学名は Cereus peruvianus。英名は Peruvian apple。 
Peruvian apple (Cereus peruvianus) belongs to Cactaceae (the Cactus family). It is a perennial herb that is native from Brazil to Uruguay. It is a columnar cactus which grows to 10-20 cm across and up to 10 m in height. The large white flowers bloom only in the hot evening from July to September. 
[上] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2003年03月16日撮影。
[中3] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・フロリダ州「サウスフロリダ大学」にて、2011年05月17日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp