きんこうぼく (金香木)

Michelia champaca

Michelia champaca

Michelia champaca

Michelia champaca

東南アジアに分布しています。高さは20〜30メートルになり、花木や材木用として植栽されています。葉は披針形で明るい緑色、光沢があります。春に芳香のあるオレンジ色から淡黄白色の花を咲かせます。花は精油に利用されます。 
モクレン科オガタマノキ属の常緑高木で、学名は Michelia champaca。英名は Champaka。 
Champaka (Michelia champaca) belongs to the Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a tall evergreen tree that is native to South Asia. This tree can reach 20-30 m in height, and is cultivated for its fragrant flower and timber. Laeves are lanceolate, glossy bright green. Fragrant orange to creamy white flowers bloom in spring. The flowers are used for essential oils. 
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。
[中2・下] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp