きつねのぼたん (狐の牡丹)

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

Ranunculus silerifolius

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。湿り気のある道端や田んぼの畔、溝のそばなど生え、高さは30〜50センチになります。葉は3出複葉で小葉はさらに3裂します。4月から7月ごろ、小さな黄色い花を咲かせます。集合果は扁平な球形で、花柱の部分が巻いています。「けきつねのぼたん」に似ていますが、小葉の切れ込みが浅く、鋸歯があまり尖りません。名前はこの葉が「ぼたん(牡丹)」に似ていることから。 
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus silerifolius。英名はありません。 
"Kitsune-no-botan" (Ranunculus silerifolius) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed to all over Japan, the Korean Peninsula and China. This herb grows in waste roadsides, rice field linches or along ditches and can reach 30-50 cm in height. The leaves are trifoliate compound and the leaflests are trilobate. The small yellow flowers are borne from April to July. The fruits are flat globose aggregate with curled styles. It is resemble to "Ke-kitsune-no-botan" (Ranunculus cantoniensis) and defined that the leaflets are diveded into shallow lobes and not too acute edges. 
[上・中1] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、2005年07月17日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、2006年07月15日撮影。
[中4・中5] 岐阜県八百津町久田見にて、2007年06月07日撮影。
[中6・中7] 山形県小国町「温身平」にて、2008年07月12日撮影。
[中8〜10・下] 同上にて、2019年07月26日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp