こがま (小蒲)

Typha orientalis

Typha orientalis

Typha orientalis

Typha orientalis

わが国の本州から四国・九州、それにアジアやオセアニアに広く分布しています。池沼や河川に生え、高さは1〜1.5メートルになります。葉は幅1センチほどの線形で「がま(蒲)」よりも細く、基部は鞘状になって茎を抱きます。6月から8月ごろ、茎頂に花穂をつけます。上部の雄花穂と下部の雌花穂は接続しています。 
ガマ科ガマ属の多年草で、学名は Typha orientalis。英名は Raupo、Bulrush、Hsiang P'U。 
 
[上] 長野県伊那市高遠町「高遠湖」にて、2006年09月22日撮影。
[中1〜2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年07月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp