こごめひょうたんぼく (小米瓢箪木)

Lonicera linderifolia var. konoi

Lonicera linderifolia var. konoi

Lonicera linderifolia var. konoi

わが国の固有種で、本州の八ヶ岳や南アルプスに分布しています。山地に生え、高さは1メートルほどになります。よく分枝して、若い枝は紫褐色を帯びます。葉は広楕円形で対生し、全縁です。5月から6月ごろ、枝先の葉腋に小さな暗紅紫色の花を2個づつ咲かせます。果実は液果で8月に赤く熟します。合着はしません。名前は葉が小さいことから。 
スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、学名は Lonicera linderifolia var. konoi。英名はありません。 
 
長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、2006年07月08日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp