こもちくじゃくやし (子持ち孔雀椰子)

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

Caryota mitis

ビルマからマレー半島、フィリピンが原産です。高さは8メートルほどになります。葉は灰緑色の2回羽状複葉で、小葉は魚の尾びれのような形をしています。夏に肉穂花序を下垂させ、黄緑色の花を咲かせます。別名で「かぶだちくじゃくやし(株立ち孔雀椰子)」とも呼ばれます。 
ヤシ科カルヨタ属の常緑小高木で、学名は Caryota mitis。英名は Burmese fishtail palm。 
Burmese fishtail palm (Caryota mitis) belongs to Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to Burma, the Malay Peninsula and the Philippines. This tree grows up about 8 m in height. The leaves are grayish green, bipinnate, and the leaflets are shaped like fish tail fins. In the summer, the spadix is drooped and yellow-green flowers bloom. 
[上・中4] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、2006年12月05日撮影。
[中1・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年07月13日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・フロリダ州「サンケンガーデンズ」にて、2011年05月17日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp