こみやまみず (小深山みず)

Pilea pseudopetiolaris

Pilea pseudopetiolaris

わが国の本州、近畿地方以西から九州に分布しています。山地の湿った日陰に生え、高さは40〜50センチになります。葉は長さ8〜15センチの長楕円形で3脈が目立ち、縁には鋭い鋸歯があります。「みやまみず(Pilea petiolaris)」に似ていますが、葉の先端が長く尾状に伸びるのが特徴です。雌雄同株で、7月から10月ごろ、葉腋に雄花序と雌花序をつけ、淡緑色の目立たない花を咲かせます。痩果はごく小さく、0.5ミリほどです。 
イラクサ科ミズ属の一年草で、学名は Pilea pseudopetiolaris。英名はありません。 
 
滋賀県多賀町霊仙「霊仙山」にて、2005年09月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp