このてがしわ (児手柏)

Thuja orientalis

Thuja orientalis cv. Elegantissima Stricta

Thuja orientalis

Thuja orientalis

Thuja orientalis

Thuja orientalis

Thuja orientalis

中国が原産です。わが国へは江戸時代に渡来しました。現在では各地に広く植栽されています。幹が真っ直ぐに伸びるタイプでは、高さは10〜20メートルくらいになります。そのほかに低い潅木タイプもあります。枝や葉は「ひのき(檜)」に似ていますが、枝が立ち上がり垂直に広がります。雌雄同株です。3月から4月ごろ、小さな雄花と雌花を咲かせます。秋には、角ばった長楕円形の球果が褐色に熟します。名前は、小枝の広がったかたちが、子どもの掌に似ていることから。写真中1は、園芸品種の「エレガンティシマ・ストリクタ(cv. Elegantissima Stricta)」。 
ヒノキ科ネズコ属の常緑高木で、学名は Thuja orientalis。英名は Oriental arborvitae。 
Oriental arborvitae (Thuja orientalis) belongs to the Cupressaceae (the Cypress family). It is a tall evergreen tree that is native to China. It came to Japan during the Edo period. Currently it is widely planted in various places. The type in which the trunk extends straight, the height is about 10-20 m. Besides that, there are also low shrub types. The branches and leaves are similar to "Hinoki cypress", but branches rise and spread vertically. It is monoecious. Small male flowers and female flowers will bloom from March to April. In the fall, the cornered oblong cones ripen brown. The Japanese name is derived from the fact that the shape of twigs resembles the palm of a child. The 2nd photo is a garden cultivar 'Elegantissima Stricta'. 
[上] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2005年05月01日撮影。
[中1] 名古屋市港区「ブルーボネット」にて、2003年03月16日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2002年09月22日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜5・下] 茨城県神栖市大野原にて、2018年04月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp