こがねのうぜん (黄金凌霄花)

Tabebuia chrysotricha

Tabebuia chrysotricha

Tabebuia chrysotricha

Tabebuia chrysotricha

南アメリカのブラジルからコロンビアに分布しています。高さはふつう5〜8メートルくらいになります。葉は濃緑色で、掌状です。3月から4月ごろ、落葉と同時に総状花序をだし、鮮黄色のトランペット形の花を咲かせます。プラジルの国花です。 
ノウゼンカズラ科タベブイア属の常緑または半落葉高木で、学名は Tabebuia chrysotricha。英名は Golden trumpet tree。 
The golden trumpet tree (Tabebuia chrysotricha) belongs to Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a tall evergreen or semi-deciduous tree that is native to Brazil and Colombia. This tree usually can reach 5-8 m in height. The leaves are dark green, palmate compound. The racemes are borne almost as soon as defoliation and bloom bright yellow, trumpet shaped flowers in March to April. This is a national flower of Brazil. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年04月21日撮影。
[中1〜2・下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp