こうらいてんなんしょう (高麗天南星)

Arisaema peninsulae

Arisaema peninsulae

Arisaema peninsulae

わが国の本州以北から北海道に分布しています。山地のやや暗い林内に生え、高さは30〜80センチになります。茎は直立し、紫褐色の雲状紋があります。葉は鳥足状の複葉で2個つきます。小葉は長楕円形です。4月から6月ごろ、茎頂に淡緑色と白色の縞模様がある仏炎苞に包まれた肉穂花序をつけます。付属体は棒状から棍棒状で変化があります。果実は液果で、秋に赤く熟します。 
サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、学名は Arisaema peninsulae。英名はありません。 
 
奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、2006年10月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp