くろみのとけいそう (黒実の時計草)

Passiflora suberosa

Passiflora suberosa

Passiflora suberosa

Passiflora suberosa

Passiflora suberosa

中央アメリカから南アメリカそれに南太平洋諸島に分布しています。蔓は年月を経るとコルクのようになり、高さは3メートルほどになります。葉は楕円形でふつう3裂しますが、かたちの変異はきわめて大きなものです。7月から11月ごろ、直径3センチほどで、淡緑色または黄緑色の花を咲かせます。果実は濃紫色で、甘みがあるといいます。 
トケイソウ科トケイソウ属の常緑低木で、学名は Passiflora suberosa。英名は Cork-barked passion flower。 
 
[上・中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月30日撮影。
[中1] 同上にて、2004年11月27日撮影。
[中2] 同上にて、2004年11月12日撮影。
[下] 同上にて、2006年10月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp