マグノリア・アクミナータ

Magnolia acuminata

Magnolia acuminata

北アメリカの東部に分布しています。山地の斜面や渓谷などの湿ったところに生え、高さは15〜24メートルになります。樹皮は濃い褐色で、鱗片状に割れ目が入ります。葉は楕円形から卵形で互生し、秋には黄褐色に変わります。晩春から初夏にかけて、枝先にベル形をした黄緑色から黄色の花を咲かせます。果実は長さ6〜8センチの袋果で、秋に赤く熟します。「きゅうり(胡瓜)」に似たかたちです。写真は園芸品種かも知れません。 
モクレン科モクレン属の常緑高木で、学名は Magnolia acuminata。英名は Cucumber tree。 
The cucumber tree (Magnolia acuminata) belongs to Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a tall deciduous tree that is distributed in east North America. This tree grows on moist soils of mountain slopes and valleys and can reach 15-24 m in height. Barks are dark brown and furrowed into scaly ridges. Leaves are elliptical to ovate and alternate. They turn yellowish bronze in fall. Flowers are bell-shaped with greenish-yellow to yellow petals are seen at end of twigs in late spring or early summer. Fruits are 6-8 cm long follicles, and ripen red in fall. They look like cucumbers. The photos may be a hybrid species. 
オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、2006年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp