マメイサポテ [Index] [Back]

Pouteria sapota

メキシコから中央アメリカそれにキューバが原産です。成長すると高さは15〜45メートルになります。葉は倒卵形から倒披針形で光沢があり濃緑色、葉脈があばら状になり、短い枝先に集まってつきます。秋、小さな白色の花が、成長した枝の周辺に無数に咲きます。果実の肌は粗くて濃褐色、果肉はアレンジ色から深紅で甘くてクリーミー、チェリーアーモンドに似た風味があります。マメイサポテはふつう生で食べられたり、ミルクセーキやアイスクリームなどを作られたりします。これはまた、ゼリーやペースト、砂糖漬けに利用しても絶品です。 
アカテツ科アカテツ属の常緑高木で、学名は Pouteria sapota。英名は Mamey sapote。 
Mamey sapote (Pouteria sapota) belongs to the Sapotaceae (the Sapote family). It is a tall evergreeen tree that is native to Mexico to Central America and Cuba. This tree can reach a height of 15-45 m at maturity. The leaves are obovate to oblanceolate, glossy and dark green, ribbed by veins and clustered at the end of small branches. The small white flowers appear in the fall by the thousands, encircling the mature wood of the branches. The fruit skin is rough and dark-brown, the flesh is orange to deepred, sweet, creamy, and has a cherry-almond-like flavor. The mamey sapote is usually eaten fresh by hand or to make milkshakes or ice cream. It is also excellent for use in jellies, pastes and conserves. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp