マラー・ファベケウス

Marah fabeceus

Marah fabeceus

アメリカのカリフォルニア州とネバダ州に分布しています。道端などに生え、4.5〜6メートルにも伸びる蔓で広がります。葉は掌状に5〜7裂します。3月から6月ごろ、葉腋にひとつの雌花と、長い総状花序にたくさんの雄花を咲かせます。小さな花冠は白色で、5〜6個の花弁があります。丸い果実には棘が密生し、中に大きな4個の種子が入っています。食用にはなりません。 
ウリ科マラー属の蔓性多年草で、学名は Marah fabeceus。英名は California manroot、Wild cucumber。 
 
アメリカ・カリフォルニア州「ミュアーウッズ国定公園」にて、2004年04月16日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp