マルクグラビア・レクティフローラ

Marcgravia rectiflora

Marcgravia rectiflora

マルクグラビア属は新熱帯区に固有の植物で、熱帯雨林の樹木の幹を付着根でよじ登ります。光のあたる樹冠に到達すると、水平に枝を伸ばします。花はハミングバードによって媒介され、赤い果実は他の鳥たちの餌になります。本種は、西インド諸島のドミニカやハイチに分布しています。葉は長楕円形で互生します。 
マルクグラビア科マルクグラビア属の常緑蔓性低木で、学名は Marcgravia rectiflora。英名は Shingle vine。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年03月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp