マウランディア・アンティルリニフローラ

Maurandya antirrhiniflora

Maurandya antirrhiniflora

アメリカの西南部からメキシコに分布しています。石灰岩質の砂礫地に生え、岩壁から垂れ下がったり、潅木によじ登ったりしています。葉はほとんど三角形で、3裂しています。3月から9月ごろ、藤色から紫色の筒状花を咲かせます。咽は、クリームイエローをしています。 
ゴマノハグサ科マウランディア属の多年草で、学名は Maurandya antirrhiniflora。英名は Snapdragon vine。 
 
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、2002年10月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp