マキシラリア・ウァリアビリス

Maxillaria variabilis

Maxillaria variabilis

メキシコからパナマにかけて分布しています。標高1900メートルまでの熱帯雨林の樹木や岩上に着生します。球茎は卵形で匍匐して連なり、高さは25センチほどになります。葉は線形で、球茎から1個でます。冬から春にかけて、花茎を伸ばして、芳香のある白色から濃赤色、オレンジ色、黄緑色などの花を咲かせます。 
ラン科マキシラリア属の常緑多年草で、学名は Maxillaria variabilis。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年03月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp