めひしば (雌日芝)

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

わが国の各地をはじめ、世界の熱帯から亜熱帯地方に広く分布しています。畑や道端にふつうに生え、高さは50センチほどになります。葉は柔らかく、全体に白毛が目立ちます。7月から11月ごろ、3〜8個に分かれた黄緑色の花穂をつけます。「おひしば(雄日芝)」に比べて、踏みつけの少ないところに繁茂します。 
イネ科メヒシバ属の一年草で、学名は Digitaria ciliaris。英名は Southern crabgrass。 
Southern crabgrass (Digitaria ciliaris) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is an annual herb that is widely distributed in tropical and subtropical regions of the world, including various parts of Japan. It usually grows on fields and roadsides, and its height is about 50 cm. The leaves are soft and covered with white hairs. The 3 to 8 yellowish green spikelets come from July to November. Compared to Wire grass (Eleusine indica), it is prosperous in places with less tread. 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2005年12月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 岡山県柵原町塩気にて、2004年08月25日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年09月05日撮影。
[中3〜4・下] 新潟県上越市「船見公園海岸」にて、2018年08月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp