メキシコらくうしょう (メキシコ落羽松)

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

アメリカ・テキサス州南部のリオグランデ渓谷(Rio Grande valley)からメキシコ、グアテマラに分布しています。河岸や湿地などに生え、高さは15〜30メートルになります。幹は直立し、枝が伸びて広い樹冠を形成します。小枝は下垂し、針形の葉が2列につきます。「ぬますぎ」に似ていますが、秋に落葉しないのが特徴です。果実は直径15〜25ミリの丸い球果です。メキシコの国の木(National tree)に指定されています。英名は、メキシコのアステカ時代の王、モクテスマ(Montezuma)に因みます。 
スギ科ヌマスギ属の常緑高木または半常緑高木で、学名は Taxodium mucronatum。英名は Montezuma bald cypress、Mexican cypress。 
Montezuma bald cypress (Taxodium mucronatum) belongs to the Taxodiaceae (the Bald cypress family). It is a tall evergreen or semi-evergreen tree that is distributed from the Rio Grande valley of southern Texas to Mexico and Guatemala. It grows on riverbanks and wetlands, and is 15 to 30 m high. The trunk is upright and the branches extend to form a wide crown. The twigs hang down and the needle-shaped leaves are in two rows. It is similar to Bald cypress (Taxodium distichum) but does not defoliate in fall. The fruit is a round cone with a diameter of 15 to 25 mm. It is designated as a national tree of Mexico. The English name comes from Mexico's Aztec king, Montezuma. 
[上・中1〜3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年11月30日撮影。
[下] アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp